• 「アジアン香味ソース」のご紹介です。何個か持っているアジアのハーブや調味料を使ったタレやソースの中で、一番手軽でベーシックなレシピになります。 肉、魚、なんでもござれの万能ソース!麺にもご飯にかけても美味しいです。以前、持ち寄り飲み会で出した、お手製のあん肝にもこのソースを添えたら大好評でした。 冷蔵庫で4、5日は持ちますので、多めに作っていろんな料理に試してみてください。 「アジアン香味ソース」 材料 香菜:2株 紫玉ねぎ:1/6個分(40g) 大葉:20枚 セロリ:1/3本(40g) a おろしにんにく:ほんの少々 ごま油、こめ油、ナンプラー、白いりごま:各大さじ1 オイスターソース、酢、…
    View Post
  • ハワイの名物料理「ガーリックシュリンプ」に旬のヤングコーンとズッキーニを合わせました。 ズッキーニは歯応えが残る程度に炒め、ヤングコーンは蒸し焼きで焼き目がつくくらい、しっかり炒めて甘味を出します。 無くても美味しくできるけど、有ると無いとではコクが断然変わるパプリカパウダーをぜひ!(辛そうだけど辛みないよ♪) もちろん、漬け込んだエビだけ炒めても美味しいです! ビール片手に、ココロはハワイのエメラルドグリーンの海へ   「ヤングコーンとズッキーニとガーリックシュリンプ」 材料 ズッキーニ:1/2本 ヤングコーン:5~6本 むきエビ:200g   a にんにく(みじん切り)…
    View Post
  • あと1品、という時によーーく作る「人参のたらこ炒め」。見た目地味だけど箸の止まらない美味しさです。 ポイントは炒めるタイミング。「人参を歯ごたえを残しつつ甘みがでるまで炒める」と「たらこは余熱で火を通す」です。余熱で火を通したたらこはしっとりと人参にからみます。 ちなみにこれ、カブで作っても美味しい!カブの場合は皮付きのまま切って少し透き通るくらい、歯ごたえを残して炒めてください。 もちろん明太子でもできますよ☆ 材料 人参:1本 たらこ:1/2腹(約40g) 酒、水:各小さじ1 しょうゆ:小さじ1/3 塩:1つまみ サラダ油:大さじ1/2 作り方 ①人参は皮をむいて太い部分は薄い半月切り、細…
    View Post
  • タイ料理屋さんで、あったら必ず注文する「プー・パッ・ポン・カリー」。 タイで食されている蟹と卵のカレー炒め煮です。とろとろ卵と蟹の旨味、ココナッツカレーの組み合わせが絶妙で、ごはんがどんどん進むお料理です。 通常は渡り蟹やナムプリックパオ、シーズニングソースなどを使うのですが、スーパーで買える食材で代用したレシピを紹介します。 ちなみにカニ缶をかにかまに変えても美味しくできます(笑)。以前j-waveの番組でご紹介したらとても好評でした♫。本当に簡単で時短料理なのでぜひぜひ試してみてください。 材料(2~3人分) 卵:3個 カニ缶:大1缶(約100g) 玉ねぎ:1/2個 たけのこ(水煮):中1…
    View Post
  • もうしばらく#stay homeが続きそうですね。。早く皆でワイワイご飯を食べたいところをグッと我慢して、オンライン飲み会や家飲みを楽しみましょう。 そこでせっかく飲むなら!ということで、美味しくてお手軽なワインをご紹介していこうと思います。 さて。初回はご存じの方も多いかと思いますが、イタリアのオルソーニャ共同組合が生産する「ルナーリア」のピノ・グリージョ。ビオディナミのボックスワインです。 ピノ・グリージョという灰色がかったピンク色の皮の白ブドウから作られたワインです。「グリ」「グリージョ」は灰色を意味するんですね。 皮ごと一緒に醸す為、皮の色が液体に移ってサーモンピンク色のワインになって…
    View Post
  • しらすの美味しい季節になりましたね。 この「しらすドレッシング」は少ない材料で旨味たっぷり。今回はリーフレタス、香菜、旬の新玉ねぎを使いましたが、ルッコラや水菜、クレソンなど、どんな葉野菜にもバッチリ合います。 「おろしにんにく」のほんの少々の量は前ボスのケンタロウがよく使っていた表現、BB弾1~2個分です。若い世代はBB弾、知ってるかなぁ、、笑。 今年はなかなか季節の移り変わりが感じにくいので、せめて「食」で季節を感じましょ。 材料 リーフレタス:3~4枚 香菜:大1枝 新玉ねぎ:1/4個 塩:適宜 しらすドレッシング ●しらす:大さじ4(30g) ●レモン汁:大さじ1/2 ●オリーブ油:大…
    View Post
  • アジアン香味ソース

    「アジアン香味ソース」のご紹介です。何個か持っているアジアのハーブや調味料を使ったタレやソースの中で、一番手軽でベーシックなレシピになります。

    肉、魚、なんでもござれの万能ソース!麺にもご飯にかけても美味しいです。以前、持ち寄り飲み会で出した、お手製のあん肝にもこのソースを添えたら大好評でした。

    冷蔵庫で4、5日は持ちますので、多めに作っていろんな料理に試してみてください。

    「アジアン香味ソース」

    材料

    香菜:2株

    紫玉ねぎ:1/6個分(40g)

    大葉:20枚

    セロリ:1/3本(40g)

    a おろしにんにく:ほんの少々 ごま油、こめ油、ナンプラー、白いりごま:各大さじ1 オイスターソース、酢、砂糖:各小さじ1

     

    作り方

    ①紫玉ねぎはみじん切りにして水に15分さらす。ザルにあげ、流水で洗ってから水気をしぼる。香菜は根から一緒にみじん切りにする。大葉はみじん切りにする。セロリはピーラーで皮をむいてみじん切りにする。

    ②ボウルにaを混ぜ、①を加えて混ぜる。味をみて薄ければ塩適宜(分量外)でととのえる。

     

    ※セロリをきゅうりやカブのみじん切りに変えてもok!その際は軽く塩もみをすると青っぽさが抜けてソースとなじみが良くなります。

    ※一味唐辛子などの辛みを加えても

     

    焼き魚にも♪

     

    豆腐ステーキにも♪

     

    蒸し鶏にも♪

    ヤングコーンとズッキーニのガーリックシュリンプ

    ハワイの名物料理「ガーリックシュリンプ」に旬のヤングコーンとズッキーニを合わせました。

    ズッキーニは歯応えが残る程度に炒め、ヤングコーンは蒸し焼きで焼き目がつくくらい、しっかり炒めて甘味を出します。

    無くても美味しくできるけど、有ると無いとではコクが断然変わるパプリカパウダーをぜひ!(辛そうだけど辛みないよ♪)

    もちろん、漬け込んだエビだけ炒めても美味しいです!

    ビール片手に、ココロはハワイのエメラルドグリーンの海へ🏖

     

    「ヤングコーンとズッキーニとガーリックシュリンプ」

    材料

    ズッキーニ:1/2本

    ヤングコーン:5~6本

    むきエビ:200g

     

    a にんにく(みじん切り):1片 オリーブ油:大さじ1 白ワイン又は酒:大さじ1/2 パプリカパウダー、塩:各小さじ1/2 砂糖:小さじ1/4 こしょう:適宜

     

    バター:20g

    サラダ油、塩、こしょう、香菜:各適宜

     

    作り方

    ① ズッキーニは5㎜厚さの半月切りにする。ヤングコーンは斜め2、3等分に切る。エビは水けを拭いてボウルに入れ、aをからめて冷蔵庫で1時間漬ける。

    ② フライパンを熱してサラダ油、バター5gをひき、ズッキーニを並べて塩、こしょうを振る。両面を強火でソテーして取り出す。

    ③ バター5gを足し、ヤングコーンを入れて塩、こしょうを振る。蓋をしてたまに混ぜながら中火で3分蒸し焼きにして取り出す。

    ④ バター10gを足し、①をタレごと加えて中火で炒める。表面の色が変わったら②、③を加えてザっと炒め合わせる。味をみて薄ければ塩でととのえる。好みで香菜を添える。

     

    ※エビは塩と片栗粉3つまみずつ加えてもんでから流水で洗うと汚れや臭みが取れます。

     

    人参のたらこ炒め

    あと1品、という時によーーく作る「人参のたらこ炒め」。見た目地味だけど箸の止まらない美味しさです。

    ポイントは炒めるタイミング。「人参を歯ごたえを残しつつ甘みがでるまで炒める」と「たらこは余熱で火を通す」です。余熱で火を通したたらこはしっとりと人参にからみます。

    ちなみにこれ、カブで作っても美味しい!カブの場合は皮付きのまま切って少し透き通るくらい、歯ごたえを残して炒めてください。

    もちろん明太子でもできますよ☆

    材料

    人参:1本

    たらこ:1/2腹(約40g)

    酒、水:各小さじ1

    しょうゆ:小さじ1/3

    塩:1つまみ

    サラダ油:大さじ1/2

    作り方

    ①人参は皮をむいて太い部分は薄い半月切り、細い部分は輪切りにする。厚さは1~2㎜くらい。

    ②たらこは皮を除いて器に入れ、酒、水、しょうゆと混ぜる。

    ③フライパンを熱してサラダ油をひき、人参を加えて塩を振って2~3分強めの中火で炒める。青っぽさが消えて甘みができてたら火を止め、②を加えて素早くからめる。

     

    ※たらこ1本が1/2腹です。だいたい40~60gくらい。明太子も同様です。

    ※カブの場合は2~3個(約200g)になります。カブも美味しい~♫

    プー・パッ・ポン・カリー

    タイ料理屋さんで、あったら必ず注文する「プー・パッ・ポン・カリー」。

    タイで食されている蟹と卵のカレー炒め煮です。とろとろ卵と蟹の旨味、ココナッツカレーの組み合わせが絶妙で、ごはんがどんどん進むお料理です。

    通常は渡り蟹やナムプリックパオ、シーズニングソースなどを使うのですが、スーパーで買える食材で代用したレシピを紹介します。

    ちなみにカニ缶をかにかまに変えても美味しくできます(笑)。以前j-waveの番組でご紹介したらとても好評でした♫。本当に簡単で時短料理なのでぜひぜひ試してみてください。

    材料(2~3人分)
    卵:3個
    カニ缶:大1缶(約100g)
    玉ねぎ:1/2個
    たけのこ(水煮):中1/2本(約100g)
    しめじ:1/2パック
    ピーマン:2個
    にんにく、しょうが(各みじん切り):各1片
    サラダ油:大さじ2
    カレー粉:大さじ1
    豆板醤:小さじ2
    水:1/4カップ
    ココナッツミルク:200㏄
    ナンプラー:大さじ1.5
    オイスターソース、酒:各大さじ1
    砂糖:小さじ1~1.5
    温かいご飯、香菜、塩:各適宜

    作り方
    ① 玉ねぎは横薄切りにする。筍は長さ半分に切ってから3㎜厚さの縦くし形に切る。しめじは石突を落として小房に分ける。ピーマンは長さを半分に切ってから縦細切りにする。卵は溶く。
    ②フライパンを熱してサラダ油をひき、にんにく、しょうが、玉ねぎを中火で5分炒める。しんなりしたらしめじ、ピーマン、たけのこを加えて塩少々を振って中火で炒める。
    ③油が回ったら豆板醤、カレー粉を加えて炒める。なじんだら水、ココナッツミルク、オイスターソース、ナンプラー、酒、砂糖、カニ缶を缶汁ごと加えてたまに混ぜながら中火で5分煮る。
    ④弱火にして卵液を回し入れ、いじらず20~30秒加熱する。大きくざっくり混ぜたらすぐに火を止める。味をみて薄ければ塩でととのえる。
    ⑤器にご飯をもって④をかけ、香菜を添える。

    ※加える野菜に決まりはないので、炒め物に合う野菜で作ってokです☆

    ※余ったココナッツミルクは密閉袋に入れて冷凍保存を。

    しらすドレッシングのサラダ

    しらすの美味しい季節になりましたね。

    この「しらすドレッシング」は少ない材料で旨味たっぷり。今回はリーフレタス、香菜、旬の新玉ねぎを使いましたが、ルッコラや水菜、クレソンなど、どんな葉野菜にもバッチリ合います。

    「おろしにんにく」のほんの少々の量は前ボスのケンタロウがよく使っていた表現、BB弾1~2個分です。若い世代はBB弾、知ってるかなぁ、、笑。

    今年はなかなか季節の移り変わりが感じにくいので、せめて「食」で季節を感じましょ。

    材料

    リーフレタス:3~4枚

    香菜:大1枝

    新玉ねぎ:1/4個

    塩:適宜

    しらすドレッシング

    ●しらす:大さじ4(30g)

    ●レモン汁:大さじ1/2

    ●オリーブ油:大さじ2~3

    ●おろしにんにく:ほんの少々

     

    作り方

    ①新玉ねぎはできるだけ薄く縦薄切りにし、水に15分さらす。ザルにあげて流水で洗って水けをしっかりしぼる。リーレタスは食べやすくちぎる。香菜は2㎝幅に刻む。

    ②ボウルにしらすドレッシングの材料を混ぜ、①を加えて和える。味をみて薄ければ塩でととのえる。

    ※ドレッシングは基本分量です。準備した葉野菜の分量に合わせて調整してください。

     

     

     

    オムハヤシライス

    『オムハヤシライス』

    子供も大人もみんな大好きオムハヤシ。デミグラス缶もルウも使わない、ただ煮込めば美味しくできる簡単ハヤシライスです。

    おこもりGW中のごはんにぜひ!

    オムハヤシライス

    材料(2~3人分)

    牛切り落とし肉:250g

    a(薄力粉:大さじ1 塩、こしょう:各少々)

    玉ねぎ:1個

    好みのきのこ(マッシュルームやしめじ等):1パック分

    b(水、赤ワイン:各150㏄ 固形ブイヨン:1個 トマトケチャップ:大さじ4 しょうゆ:小さじ2 みそ、砂糖:各小さじ1/2)

    バター20g

    塩:適宜

    c(卵:3個 牛乳:大さじ1 砂糖:小さじ1/4 塩:少々)

    サラダ油:大さじ1

    温かいご飯:2~3人分

     

    作り方

    ①ボウルに牛肉を入れてaを加えてまぶす。

    ②玉ねぎは縦半分に切ってから横薄切りにし、マッシュルームであれば縦薄切りにする。(しめじであればほぐす)

    ③フライパンを熱してバターをひき、玉ねぎを中火で7~8分炒める。しんなりしたら牛肉を加えて炒める。肉の色が変わったらきのこを加えて炒める。

    ④キノコが少ししんなりしたらbを加えて強火にかけ、沸いたら弱めの中火にし、たまに混ぜながら14、5分煮る。味をみて薄ければ塩でととのえる。

    ⑤別のフライパンをサラダ油をひき、よく混ぜたcを入れて中火で加熱する。周りが固まり始めたら大きく混ぜて半熟状のスクランブルエッグにする。

    ⑥器にご飯を盛って④をかけて⑤をのせる。

     

    🍷:なめらかな赤ワイン(メルローなど)

     

    新玉ねぎと豚しゃぶの梅ごま和え

    『新玉ねぎと豚しゃぶの梅ごま和え』

    新玉ねぎがおいしい季節です。真っ白で柔らかく瑞々しく和え物にもぴったり。梅ごまだれのピンク色が春っぽくて食欲をそそります。

    豚しゃぶ肉は数枚ずつ弱火でしっとりとゆであげましょう。梅干しは塩分に差があるのでお好みで調整してください。

     

    材料(2人分)

    豚しゃぶしゃぶ用肉:200g

    新玉ねぎ:小1/2個(約80g)

    酒、塩:各小さじ1

    梅ごまだれ(梅干し:2~3個 ごま油:大さじ1.5

    ぽん酢、白いりごま:各大さじ1 砂糖:小さじ1/3)

    大葉(千切り):5枚

     

    作り方

    ①新玉ねぎはできるだけ薄く縦薄切りにして水に10分さらす。ザルにあげて流水で洗ってから水気をしっかり絞る。

    ②梅だれを作る。梅干しの種を除いて包丁でみじん切りにする。ボウルに入れてその他の梅だれの材料を加えてよく混ぜる。新玉ねぎを加えて和え、10分おく。

    ③鍋に湯を沸かして塩、酒を加え、弱火で豚肉を2、3枚ずつ入れて広げながら茹でる。色が変わったらザルにあげる。

    ④②に豚肉を加えて和える。器に盛って大葉をちらす。

     

    🍷:さっぱりしたロゼワイン、白ワインなど